北海道の本物を取材・紹介・お届けする通信販売サイト 作る方の気持ちを誠実に伝えたい お客様の喜ぶ「食」を届けたい 北海道の美味しさを皆さまにお伝えします。 「良い品を、より良い形でお客様へ」北海道の生産者と、全国の消費者の皆さまを、より身近な関係にするためのお手伝いをすること。それが「きたグルメ」です。 北海道でも、未だ知られていない名産品・こだわりの食材・旬の食材を探し求め、「北海道の食」に興味のある皆さまに向け「きたグルメ」は発信・提供して行きます。

北海道の本物を伝えたい。生産者の方が、こだわり大切に作った商品を少しだけ分けていただき、みなさんにお伝えしたい。それが「きたグルメ」です。生産者の方の声と共に、まごころ込めてお届けいたします。

HOME > 取材&キッチン活動

産地での取材レポート、新商品の紹介・試食、「きたグルメ」オリジナルの美味しい食べ方をお届けするコーナーです。

2017 年 6 月 2 日

時鮭の筋子(すじこ)販売開始です

時鮭の筋子(すじこ)

根室産の時鮭の筋子(すじこ)が販売開始になりました。

時鮭は産卵の為に北海道沿岸に戻る秋鮭とは違い、

この季節に沿岸に回遊してくる鮭なので、

卵巣が未成熟なので、粒は小さく、皮が軟らかいのが特徴です。

その時鮭の卵巣を船上で取り出し、

塩漬けした物が今回紹介している時鮭の筋子(すじこ)です。

 

口の中でとろけるような食感が人気の筋子(すじこ)

今年も数量限定ですがきたグルメからお届けします。

 

商品の詳しい紹介はこちらです↓

[根室産時鮭の筋子]

 

時鮭の筋子(すじこ)

 

 

 

 

 

2017 年 5 月 26 日

根室産の特大アサリ販売開始です

 

根室産特大アサリ

根室産特大アサリ

今年も根室湾中の天然活アサリの販売開始です。

吃驚するくらい巨大なアサリです。

30g以上のサイズをお届けしますが、

中には50gオーバーサイズも入っています↓

根室産特大アサリ

極寒の根室湾中で育つアサリ、旨味がギッチリ詰まっています。

漁期が短いために期間限定でのお届けとなります。

商品の詳しい紹介はこちらです↓

[根室湾中特大アサリ]

2017 年 5 月 25 日

時鮭の販売を開始しました。

syun_a0078

今年も時鮭の旬の季節がやってきました。

若鮭とも呼ばれ、爽やかな身と脂のりが人気の鮭で、

北海道に春をつげる魚として、昔から愛され続けている高級鮭の仲間です。

 

まずは定番の塩焼きとアラを使っての三平汁を作りました↓

IMG_7523

今年も根室の茂勝からお届を致します。

商品の詳しい紹介はこちらです↓

[きたグルメ時鮭]

キッチン活動

2017 年 2 月 4 日

ニシン漬けのレシピ

北海道の郷土料理の一つ、

鰊漬けのレシピを公開します。

※以前スタッフブログで紹介しているレシピです

 

ニシン漬け

 

【材料】

大根 2本(2キロ)

キャベツ 1玉(1キロ)

ニンジン 1本(200g)

塩  100g(野菜の約3%)

身欠きニシン 10本

麹(こうじ) 200g

生姜 60g

赤唐辛子 5本

米の研ぎ汁(身欠きニシンを漬け込むのに使います)

 

【作り方】

3日前

・大根は外に吊るして2~3日干します

※そのままでも良いが味が美味しくなります

 

前日

 

・大根を皮付のまま乱切りして、

キャベツは一口大に切り、人参は細きりします。

・切った野菜をビニール袋に入れて、

3%の塩を加えてから重石をのせ、

半日~1日に外に置きます。

ニシン漬け2

 

 

 

 

↑一晩ビニール袋に入れた状態↑

 

・身欠きニシンは、米の研ぎ汁に漬けて置きます。

※米の研ぎ汁を使うのは身欠ニシンの脂や臭いをとる効果があります

 

ニシン漬け3

↑身欠きニシンを研ぎ汁にいれ1日に置いた状態↑

 

当日

・身欠きニシンの水気を布巾でなどでとり、

3センチくらいの大きさにカットします。

 

ニシン漬け6

↑カットした身欠きニシン↑

 

・一日置いた野菜の中(ビニール袋のまま)に

身欠きニシン・麹・赤唐辛子・線切りした生姜を入れて、

重石をのせて1週間くらい漬け込むと完成です。

※野菜からでた水気は、とらずにそのまま漬け込みます

 

ニシン漬け4

↑一日置いた野菜の中に残りの材料をいれた様子↑

・あとは2週間くらい外に置き完成を待ちます。

空気に触れると酸化して酸っぱくなるので、

ビニール袋は大き目で厚手のを使う事を薦めます。

※重石は総重量の1/3位で良いと思います。

 

各家庭によって入れる野菜など、

違いはあるかも知れませんが、

北海道に伝わる郷土料理のひとつです。

大切にしていきたい味ですね。

 

2016 年 10 月 24 日

イカの沖漬けホイル焼き!

イカの沖漬けの美味しい食べ方の紹介です。

イカの沖漬けとは、

船上で活きたイカを、

そのまま調味液(醤油&酒)などに漬込む料理法で、

富山県ではホタルイカの沖漬けが有名ですね。

北海道は真イカの産地ですので、

道南方面では昔から盛んに沖漬けが食べられてきました。

一度冷凍してルイベ状態で食べるのが一般的な食べ方ですが、

一匹そのままアルミホイルに包んで、

ホイル焼きにするのもおススメです。

イカの沖漬けホイル焼き

もともと醤油で味付けしてますので、そのまま焼くだけでOKです。

醤油とイカゴロの旨味が絡み合い、とても濃厚な旨味に変わります。

個人的にはルイベで食べるより大好きです。

イカの沖漬けホイル焼き・・・おススメです。

羅臼の船上で漬け込んだ沖漬けをお届けしています。

商品の詳しい紹介はこちらです↓

[真いか沖漬]

2016 年 8 月 19 日

簡単にできる焼トウモロコシ

本日から森井農園トウモロコシの収穫が始まりました。

露地物トウモロコシ

北海道の夏野菜を代表するトウモロコシ、

美味しい食べ方は「茹でて食べる」です。

シンプルな食べ方が一番だと思いますが、

焼きトウモロコシも中々美味しい食べ方ですね。

とはいえ自宅で

焼きトウモロコシを作るのは少し大変です、

自宅で作る時は、こんな感じにすると簡単ですよ。

露地物トウモロコシ

トウモロコシを縦切りしてから、

食べやすいサイズにして切り口(芯の部分)を下にして

魚グリルに入れるだけ。

あとは、ハケで醤油の塗り焼き上がるのを待つだけです。


焼きトウモロコシ

醤油の香ばしい香りと、

トウモロコシの甘味がいい感じで美味いです。

家庭で焼きトウモロコシを食べる時におススメの作り方です。

[露地物トウモロコシ]




その他

2016 年 8 月 17 日

秋刀魚なめろう風

こんにちは、きたグルメ店長です

根室のサンマ漁が最盛期をむかえています。

きたグルメでも販売していますので、

お取り寄せをして食べました。

個人的にお薦めの食べ方はなめろう風

dsc_0048-768x432

詳しいレシピはこちらで紹介しています↓

[サンマのなめろう風]

千葉方面の郷土料理のなめろうのアレンジバージョン、

風と勝手に呼んでいるのは、細かく包丁で叩かないからです。

毎年この時期にはなめろう風を楽しんでます^^

酒は根室の地酒「北の勝」!

サンマを食べる時はこの銘柄が多いです。

秋刀魚を食べ秋の気配を感じてます。

きたグルメでは、根室より秋刀魚をお届けしています。

根室産サンマの紹介はこちらです↓

[根室産さんま]

2016 年 8 月 10 日

2016年 露地物とうもろこし予約販売を開始しました。

2016年露地物トウモロコシの予約始めました。

今年は820日より収穫開始予定です。

※多少遅れる可能性もあります

8月7日のトウモロコシ

8月7日のトウモロコシ

先日、森井農園を訪ねて、実際にこの目で確認してきましたが、

ご覧のとおり、今年は6月に気温が上らず生育が遅れています。

8月7日のトウモロコシ

8月7日のトウモロコシ

ここ10日間が勝負だと思いますが、

気温も高く台風の影響も少なさそうなので、

8月20日を収穫予定日として予約販売を開始致します。


本日より、予約販売を開始し、

収穫が始まってから順次発送いたします。

詳しい商品の紹介はこちらです↓

[露地物トウモロコシ]

2016 年 6 月 7 日

父の日ギフト 2016

2015fa_title

2016fa_01

2016fa_02

2016fa_03

2016card

その他、商品多数≪商品一覧≫へどうぞ!!

【父の日ギフト用に商品をご注文の方へ】
・「父の日ギフト」と、必ず備考欄にご記入ください。
※ ご記載がない場合は、準備ができ次第の発送となりますのでご注意ください。
・2016年の父の日は6月19日(日)です。
父の日までにお届けの場合は、下記の期日までにご注文ください。

◯ 6月15日(水)正午まで
・複数のお届け先にお送りになる場合、お手数ですが、1商品ごとにお届け先をご指定ください。
・郵便振替をご希望の方は、ご入金確認後の発送となりますのでご注意ください。
(6月15日(水)正午までにお振り込み頂ける方のみ)

・FAXでのご注文も承っております(NP後払い・クレジットカード不可)
・ギフト発送におきまして、ご不明な点がございましたら、
お問い合せフォームにて、お気軽にお問い合せください。

その他

2016 年 1 月 16 日

サンマのアンチョビ

こんにちは、きたグルメ店長です

秋に茂勝さんから送られて来たサンマを使い、

アンチョビを仕込みました。

dsc_0217

調べると「塩に漬けて冷蔵庫で寝かせる」

と書いてあるレシピが多かったのですが、

塩蔵する時は常温をお薦めします。

※冷蔵庫で冷やすと固くなりますよ~~↓

dsc_0212

作り方は簡単です。

・サンマを三枚にさばいてから写真のような大きさに切り、

塩に漬け込んで数週間常温保存で熟成させます。

・塩を軽くとり、オリーブオイルに漬け込んで完成です。

※塩は捨てずにパスタ等に使うと美味しいですよ

オリーブオイルに漬け込んで美味しくなる事を祈ってます^^


HOMEきたグルメとは取材・キッチン活動販売商品一覧お問い合せコミュニティの場
ショッピング利用方法お支払い・送料について特定商取引に関する表記運営会社案内スタッフの活動日記プライバシーポリシーリンク
(c)2009-2015 Kita-Gourmet All Rights Reserved.
↑画面上へ