北海道の本物を取材・紹介・お届けする通信販売サイト 作る方の気持ちを誠実に伝えたい お客様の喜ぶ「食」を届けたい 北海道の美味しさを皆さまにお伝えします。 「良い品を、より良い形でお客様へ」北海道の生産者と、全国の消費者の皆さまを、より身近な関係にするためのお手伝いをすること。それが「きたグルメ」です。 北海道でも、未だ知られていない名産品・こだわりの食材・旬の食材を探し求め、「北海道の食」に興味のある皆さまに向け「きたグルメ」は発信・提供して行きます。

北海道の本物を伝えたい。生産者の方が、こだわり大切に作った商品を少しだけ分けていただき、みなさんにお伝えしたい。それが「きたグルメ」です。生産者の方の声と共に、まごころ込めてお届けいたします。

2009 年 7 月 17 日

【キッチン】ホタテの美味しい食べ方「バター焼き」

19_e38390e382bfe383bcmain

バターと醤油の風味豊かなバター焼き。
北海道の海の特産品「ホタテ貝」。
こちらで紹介した刺身のほかにも、
ホタテ料理にはまだまだ多くのバリエーションがありますが、
今回は「きたグルメ」流、バター焼の美味しい食べ方をご紹介します。

また、他のホタテ料理にも応用できる下ごしらえとして、
セットの「剥きナイフ」を使用した殻の剥き方もご紹介します。
網焼きがおすすめですが、カセットコンロでも
殻を焼き皿にして、同じ要領で焼くことができます。

七輪で焼く

作り方

殻の剥き方1
1.まずは貝が茶色のカーブが浅い方から、身と殻の間に専用の剥きナイフを入れます。
殻の剥き方2
2.殻側にナイフを擦りつけるように、奥へと入れていくのがコツです。
殻の剥き方3
3.ナイフを殻に当てたまま、押し上げて殻を取り外します。反対側も同様に。外した身と殻は水洗いをします。
お酒を振る
4.カーブの深い白色の殻に身を乗せ、お酒を少量振りかけて焼きます。貝柱からも水分が出ますので、ふきこぼれに注意してください。
バターを乗せる
5.グツグツと煮えてきたら、身を裏返してバターを乗せます。水分が足りなければお酒を足します。
バター焼き出来上がり
6.さらに身を裏返し、少量の醤油を加えて少し焼いたら出来上がりです。

刺身でも食べれる新鮮なホタテ貝なので、
「火を入れ過ぎない・味付けを濃くしない」が美味しく食べるポイントです。
ホタテ貝の甘みとバターと醤油の風味がひとつになり、絶妙な美味しさになります。
北海道を感じさせてくれる一品です。ぜひお試しください。




活ホタテ
go_cate





タグ: , , , ,

コメントは受け付けていません。

HOMEきたグルメとは取材・キッチン活動販売商品一覧お問い合せコミュニティの場
ショッピング利用方法お支払い・送料について特定商取引に関する表記運営会社案内スタッフの活動日記プライバシーポリシーリンク
(c)2009-2014 Kita-Gourmet All Rights Reserved.
↑画面上へ