北海道の本物を取材・紹介・お届けする通信販売サイト 作る方の気持ちを誠実に伝えたい お客様の喜ぶ「食」を届けたい 北海道の美味しさを皆さまにお伝えします。 「良い品を、より良い形でお客様へ」北海道の生産者と、全国の消費者の皆さまを、より身近な関係にするためのお手伝いをすること。それが「きたグルメ」です。 北海道でも、未だ知られていない名産品・こだわりの食材・旬の食材を探し求め、「北海道の食」に興味のある皆さまに向け「きたグルメ」は発信・提供して行きます。

北海道の本物を伝えたい。生産者の方が、こだわり大切に作った商品を少しだけ分けていただき、みなさんにお伝えしたい。それが「きたグルメ」です。生産者の方の声と共に、まごころ込めてお届けいたします。

HOME > 北海道の観光・文化

スタッフの活動日記

「きたグルメ」運営の裏話、スタッフが大好きなグルメの話、北海道の紹介などをお届けしていきます。

‘北海道の観光・文化’ カテゴリーのアーカイブ

北海道の観光・文化, 家食と料理レシピ

2016 年 2 月 16 日

ニシンのアンチョビ仕込み!

こんにちは、きたグルメ店長です。

dsc_000001-800x450

石狩厚田産の新鮮ニシンが手に入ったので、

ニシンのアンチョビを仕込んでいます。

作り方は簡単、

三枚に卸したニシンを薄切して、常温で2~3週間塩蔵し、

その後、オリーブオイルに漬け込んで完成予定。

【美味し作るポイント】

某レシピサイトではサンマやイワシのアンチョビレシピが公開されていて、

「冷蔵庫にて塩蔵する」と書いていますが、

冷蔵庫で寝かすと、只の塩漬けにしてなりませんので注意です。

dsc_0327-800x448

※左のタッパは卵巣を塩に漬けて数の子作りに初挑戦。

※この状態で塩蔵すると水が浮いてくるので、水は捨てて下さい。


ニシンは北海道を代表する魚ですね!

サンマのアンチョビは成功したのでニシンも出来上がりが楽しみです。



北海道の観光・文化, 家食と料理レシピ, 店長より

2015 年 11 月 24 日

にしん漬けを作りました。

こんにちは、きたグルメ店長です。


北海道の郷土料理の一つ、

鰊漬けに初挑戦しましたので、レシピを公開します。

にしん漬け

【材料】

大根 2本(2キロ)

キャベツ 1玉(1キロ)

ニンジン 1本(200g

塩  100g(野菜の約3%)

身欠きニシン 10本

麹(こうじ) 200g

生姜 60g

赤唐辛子 5本

米の研ぎ汁(身欠きニシンを漬け込むのに使います)


【作り方】

3日前

・大根は外に吊るして2~3日干します

※そのままでも良いが味が美味しくなります


前日


・大根を皮付のまま乱切りして、

キャベツは一口大に切り、人参は細きりします。

・切った野菜をビニール袋に入れて、

3%の塩を加えてから重石をのせ、

半日~1日に外に置きます。

dsc_1652

↑一晩ビニール袋に入れた状態↑


・身欠きニシンは、米の研ぎ汁に漬けて置きます。

※米の研ぎ汁を使うのは身欠ニシンの脂や臭いをとる効果があります

dsc_1648

↑身欠きニシンを研ぎ汁にいれ1日に置いた状態↑

当日

・身欠きニシンの水気を布巾でなどでとり、

3センチくらいの大きさにカットします。


dsc_1649

↑カットした身欠きニシン↑

・一日置いた野菜の中(ビニール袋のまま)に

身欠きニシン・麹・赤唐辛子・線切りした生姜を入れて、

重石をのせて1週間くらい漬け込むと完成です。

※野菜からでた水気は、とらずにそのまま漬け込みます

dsc_1655

↑一日置いた野菜の中に残りの材料をいれた様子↑

・あとは2週間くらい外に置き完成を待ちます。

空気に触れると酸化して酸っぱくなるので、

ビニール袋は大き目で厚手のを使う事を薦めます。

※重石は総重量の1/3位で良いと思います。

今回のレシピは義母の経験値を参考にしながら作りました。

各家庭に伝わるレシピがあると思います、

このような北海道の郷土料理を伝承したく挑戦してみました~~~

完成後にまたUPさせて頂きますね。





副店長より, 北海道の観光・文化

2013 年 9 月 9 日

オサル湯

みなさん、こんにちわ。
副店長なーさんです。

週末、息子と息子のお友達と三人で
北海道北湯沢にある「第二名水亭」に日帰りで行ってきました。

こちらは【温泉】と【温泉ビーチ】があり、家族連れが
楽しめるリゾートホテルです。

同じ年のお友達も一緒というのもあり
息子もとても楽しそうでした。
私はひとり、背泳ぎではなく、背浮きしてボーっと空を眺めたり
不格好ながら真剣に泳いでみたりと、自由気ままに過ごしました。

温泉ビーチでたっぷり遊び、疲れた体を温泉で癒し
帰宅の予定が、急遽、隣町の壮瞥町蟠渓温泉オサル湯」へ
「オサル湯」は長流川の川岸に自然湧出している天然野天風呂です。

オサル湯

足湯だけと約束しましたが
熱くて入れないと言うことで、息子&お友達は川の水を入れ
適温にしようと頑張っています。
(私は見守るだけ・・・)

オサル湯

結局適温にならず、足湯を断念です。
息子たちは、まだまだ頑張りたいと言ってきましたが
暗くなっちゃうし、虫も出てくるしで撤収です。

オサル湯

一瞬足をつけたり、手を入れて終了となった「オサル湯」ですが
子供たちは、すごく楽しかったようです。

副店長より, 北海道の観光・文化

2013 年 2 月 7 日

さっぽろ雪まつり

皆さん、こんにちは。

副店長なーさんです。

 

2/5(火)より、第64回さっぽろ雪まつりが開催されました。

私の中の最大の見所!と言ったら国指定重要文化財にも指定されている

豊平館】の大雪像へのプロジェクションマッピングです。

※豊平館は日本最古の純洋式木造で明治より高級西洋ホテルとして使われていました。

金・土・日・祝は大変混み合うだろうと思い昨日行ってきました。

 

いざ、息子と大通り会場へ!

ゲ・ゲ・激混み((+_+))

皆さん考える事は一緒なのでしょうか。。。

 

大通会場には、道内のご当地グルメなんかも販売していて

いい匂いが漂っているのに、人が多く立ち止まれない!

まさしく、イモ洗い状態\(゜ロ\)(/ロ゜)/

「警備員さんは、立ち止まらずに進んで下さ~い!」と言っているし。

背の低い息子は、人と人の間から、ウルトラマンらしき雪像を一瞬見ただけで

殆ど見れなかったという(T_T)。

 

そんなこんなで、豊平館プロジェクションマッピングどころではなく

せっかく雪まつりを見に来たのに、何一つまともに見れなかった息子が

可哀想になり、急きょ予定を変更し、ポケモンセンターへ!

 

いつも混み合っているポケモンセンターも、平日の夕方と言う事もあり

ゆっくり色々と見る事が出来ました。

ポケモントレッタ中

はぁ~(-_-メ)・・・でも、雪まつりは残念でした(-_-メ)

早朝、雪まつりというてもありますが

やっぱり、ライトアップされた雪像がみたいと思ってしまうんですよね。

子供が、もう少し大きくならないと無理かな~。

でも、大きくなったら一緒に行ってくれるのか!という

別の問題が出てきますが。。。

 

道産子の私は、過去20回ほどは雪まつりに出かけていますが

雪まつり雪像は、すごくキレイで感動します。

雪であそこまでの芸術的作品が生まれ、しかも一週間だけの

限られた時間ですので、貴重です。

皆さんも機会がありましたら、ぜひ一度「さっぽろ雪まつり」へ

お越しください。

北海道の観光・文化, 店長より

2011 年 10 月 13 日

十三夜から5日遅れ^^

こんにちはきたグルメ店長です。

 

こぞ時間も頑張って仕事をしています。

北海道の秋の味覚を探したり年末の食材探しに大慌てです^^

嬉しい悲鳴が聞こえます。

 

今日、外出先から車で会社に戻る時に見事な月が出現してたので、

会社に戻り屋上から綺麗な月を撮影しました。

10月13日の満月

※10月13日19:00撮影

 

 

一昨日の深夜も綺麗な月を発見!

10月11日の満月

※10月11日23:00撮影

 

月の事を少し調べると、今年は10月9日が十三夜といい、

豆名月栗名月とも呼ばれていたようです。

 

引用元はWikipedia・・・・・

月見は、主に旧暦8月15日から16八月十五夜の月に対して

「後(のち)の月」と呼ばれる。十三夜は日本独自の風習と言われている。

ちょうど食べ頃の大豆などを供えることから、

このの月を豆名月(まめめいげつ)または栗名月(くりめいげつ)と呼ばれる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

十五夜のと十三夜の違いが解かりました。

北海道では月見を楽しむ習慣があまり無いような気がします。

これからは少し月を見て楽しむ習慣をつけたいと思いますね^^

 

北海道、札幌から綺麗な月の紹介でした!

「きたグルメ」関連, 副店長より, 北海道の観光・文化

2011 年 7 月 21 日

本乾ししゃもとビール

みな様 こんにちわ。

副店長なーさんです。

 

札幌では今日から「さっぽろ夏まつり大通りビアガーデン」が始まります!

お仕事帰りに行かれる方も多いのではないでしょうか。

あの雰囲気がいいのか、ビールが美味しく感じるんですよね。

北海道の短い夏の風物詩の一つです。

今年は行けるかな~行けると良いな~(^^♪

 

北海しまえびの時といい、この季節は自然とビールの消費が

増える私です。

先日も家で・・・

ジャ~ン!これが↓あるので

本乾ししゃも

↑本乾ししゃもです。

 

ってことは当然、これ↓です。

img_8976

こちらはスタッフMの結婚式で頂いたビールです。

 

本乾ししゃもビールは最高ですね。

相性バッチシヽ(^o^)丿

今回は日本酒がなかったのでビールのおつまみとして

最後まで行きましたが、次の日が仕事だと考えると

日本酒が家になくて正解かも◎

 

最初は炙って食べていましたが、そのうちそのまま食べていました。

本乾ししゃもは、手軽に食べれるおつまみです。

まるごと食べれるのでカルシウムも摂れますよ!

この夏、ビールのお供にオススメ!

本乾ししゃも

 

本乾ししゃもの詳しい情報はコチラから↓

http://www.kita-g.jp/shopping/a0035/

北海道の観光・文化, 店長より

2011 年 5 月 17 日

きたグルメの近くの桜達

こんにちはきたグルメ店長です。

きたグルメの社屋は札幌市の東区に構えています。

 

東区は札幌の10ある区の中でも公園が多い場所で、会社の近くの公園でも見事な桜が咲いています。

 

先ずは車で3分の場所に位置する「苗穂グリーン公園」札幌市東区北8条東19丁目

子供の遊具や水遊びスポットあり。

苗穂グリーン公園

苗穂グリーン公園

苗穂グリーン公園

ピンク色の桜が咲いています、品種は不明^^

 

そこから車で3分ほど北に向かうと「伏古公園」札幌市東区伏古1条2丁目

野球場・テニスコート・子供の遊具がある巨大公園。

伏古公園

伏古公園

伏古公園

苗穂グリーン公園の桜より花びらが白くて小さな桜。

 

少し足を伸ばして「美香保公園」札幌市東区北20~22条東4~5丁目

美香保の名前の由来は3名の土地寄贈者の頭文字から由来していて

1972年の札幌オリンピック、フィギュアスケートの会場リンクや3面もある野球場を完備する総合運動公園!

美香保公園

美香保公園

美香保公園

強いピンク色花びらの桜が咲いています。

このほか、東区にはモエレ沼公園・さとらんど・百合が原公園と巨大公園が沢山あります。

公園豊富で嬉しい町ですね^^

 

会社の近くの桜の中で一番綺麗だと感じた桜が、

苗穂グリーン公園と伏古公園の間にあるお寺の桜が見事でした。

お寺の桜

お寺の桜

お寺の桜

一般公開はしていないのでお寺の名前は公表しませんが、

塀の外にはみ出た桜でこの見事さです。

思わず車を脇に止めて、写真を撮りながら見惚れてました^^

 

会社の近くでも桜スポットが沢山ある事を知りました。

北海道、まだまだ桜の季節は続きます^^

副店長より, 北海道の観光・文化, 家食と料理レシピ

2011 年 5 月 16 日

公園でランチ

皆様、こんにちわ。

副店長なーさんです。

 

週末はお弁当を持ってお出かけをしました。

息子が『お弁当を作って公園へ行く』と言い出し、

自らスクランブルエッグ(卵焼きはまだ作れない。。。)を作り

カニカマに、ピックをさして頑張っていました。

 img_8830

その後バトンタッチして、あるもので何とかお弁当作り終了。

けど・・・量が足りない感じ。。。

母にも電話をして、簡単に何か作って~とお願いし

いつものメンバー、母、妹、甥っ子、息子、私とで

札幌南区にある≪十五島公園≫へ行ってきました。

 十五島公園

芝生お弁当を食べるのも良いですが、河川敷ではバーベキューも出来るので、

暖かい日は沢山の人で賑わっています。

 ランチタイム

が、この日は風も強く寒かったのでお弁当を広げて食べていたのは、

私たちを含め・・・2組(-_-メ)。

 

それでも、息子も1歳の甥っ子もランチタイム終了後、

元気いっぱい遊んでいました。

 遊具で遊ぶ姿

今年、初めての公園ランチは寒かったですが、

気持ちは晴れ晴れ、楽しかったです。

息子と甥っ子

北海道の観光・文化, 店長より

2011 年 5 月 12 日

札幌の千島桜

こんにちは、きたグルメ店長です。

北海道にも、ようやく春がやって来ましたね^^

今週は少し暖かくなり気分はすっかり春模様。

 

札幌の千島桜

全道各地でも桜の開花宣言が出始めてきていますね、

我家の近くにも千島桜の名所として、最近注目を浴びてきている場所があります。

北海道開発局開発土木研究所:札幌市豊平区平岸1条3丁目

開放時間は10:00~20:00 無料駐車場有

札幌の千島桜

南区から豊平区の間を流れる精進川を挟んで桜が咲いています。

精進川は、この後に豊平川に合流しますので、

桜の名所は精進川の終点となります。

札幌の千島桜

この千島桜は昭和59年に浜中の霧多布から移植された桜で、

もともと千島列島や釧路・厚岸・根室など、北海道でも道東方面で咲く桜として有名な桜で、

根室市では桜の開花予想の標本木に採用されています。

 

札幌の千島桜

咲き始めはピンク色の花びらで↑

満開になるにつれて白く変化をしていきます↓

札幌の千島桜

花びらが小さめで可憐という表現がピッタリの千島桜

花びらが小さいので、夜桜よりも昼桜のほうが綺麗に感じます。

札幌の千島桜

札幌でこの千島桜が大量に植えられているのは、こちらだけと聞きました。

気になる方は、北海道開発局開発土木研究所:札幌市豊平区平岸1条3丁目へ

駐車場完備で無料なのがありがたい^^

札幌桜の名所の案内でした。

北海道の観光・文化, 店長より

2011 年 5 月 6 日

松前藩屋敷

こんにちはきたグルメ店長です。

 

松前城を山に向かって登っていくと松前藩屋敷があります。

入館料350円かかりますが、なかなか面白い施設でした。

※松前城の資料館も350円かかります

松前藩屋敷の入り口

入り口をくぐると江戸時代にタイムスリップ・・・・大袈裟ですね^^

 

くのいち?

入り口に入る前にくのいち?に出会えます・・・・ここから私はハイテンション^^

 

松前武家屋敷

古い建物を移設した作られた屋敷は、なかなか風情がありますよ。

籠には乗る事も出来ますし、担ぐ事も出来ます・・・担いだ人は「重たい」と叫んでいました。

乗っていた人が怒っていたのも印象的^^

松前藩屋敷

越後屋の看板を発見「お主も悪よの~~」なんて声が聞こえそう^^

きたグルメの店長に少し似てる名前です^^

越後屋の看板

越後屋

越後屋の中は自由に入れます↑↓

越後屋の中

 

奉行所

奉行所の中もこの通り↑自由にあがって人形と一緒に記念撮影も可能です。

この手の施設は上がる事が許されない所が多いのですが、

気軽に見学できるのが嬉しいですね。

松前藩屋敷

松前藩屋敷

 

枝垂れ桜を潜り抜ける姿は遠山の金さん状態!

松前藩屋敷

楽しい施設に珍しくハイテンションになりました。

この他に石を削ってアクセサリーを作る無料体験コーナーなどもあり、

大人も子供も楽しめると思います、ご家族連れがお薦めです。

 

そろそろ桜も見頃だと思います、GW最後の土日にで掛けてみては、いかがでしょうか?

お薦めです。

(c)2009-2015 Kita-Gourmet All Rights Reserved.
↑画面上へ