北海道の本物を取材・紹介・お届けする通信販売サイト 作る方の気持ちを誠実に伝えたい お客様の喜ぶ「食」を届けたい 北海道の美味しさを皆さまにお伝えします。 「良い品を、より良い形でお客様へ」北海道の生産者と、全国の消費者の皆さまを、より身近な関係にするためのお手伝いをすること。それが「きたグルメ」です。 北海道でも、未だ知られていない名産品・こだわりの食材・旬の食材を探し求め、「北海道の食」に興味のある皆さまに向け「きたグルメ」は発信・提供して行きます。

北海道の本物を伝えたい。生産者の方が、こだわり大切に作った商品を少しだけ分けていただき、みなさんにお伝えしたい。それが「きたグルメ」です。生産者の方の声と共に、まごころ込めてお届けいたします。

「きたグルメ」関連, 取材スタッフYより

2009 年 11 月 19 日

お正月の鮭にまつわるお話

こんにちは。
スタッフYです。




先日、「きたグルメ」をご覧になった本州のお客様から、
このようなお問い合わせをいただきました。




“こちらの地方では、お正月の三が日には、毎日鮭を食べます。
 せっかくですから美味しい鮭を食べたいと思い、「本ちゃん紅鮭」の購入を考えています”




「お正月の三が日に毎日鮭を食べる」という風習を初めて聞き、
図々しくもお客様に詳しく教えていただきました。




“年が明けて三が日の間は毎朝、鮭・干し餅・おせちを食べます。
 お雑煮は食べません。お昼はうどん、夜はお米というのも決まっています。
 ほぐした鮭をお餅に乗せて食べたり、鮭の皮を海苔の代わりにお餅で巻いて食べたりもします。
 鮭の皮は、その昔「鮭1匹分の皮と田んぼ1反部を交換してくれ」という人がいた
 …という逸話もあるほど、みんな大好きなんですよ”




この風習は昔から続いているものでルーツは不明ということでしたが、
お歳暮で鮭を贈る方も多いですから
鮭にまつわるこのようなお話、全国にあるのでしょうね。





「本ちゃん紅鮭」
本ちゃん紅鮭



何よりも、大事なお正月の鮭に「きたグルメ」の鮭を検討していただけるのは本当に嬉しいです!

お客様、お話をたくさん聞かせていただき、誠にありがとうございました。
良いお正月になりますように願っております。






また、「きたグルメ」内の商品や北海道の
グルメに関してご質問がございましたら、どんな些細なことでも結構ですので
右下の「お問い合せフォーム」より、お気軽にお問い合せください。

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。

HOMEきたグルメとは取材・キッチン活動販売商品一覧お問い合せコミュニティの場
ショッピング利用方法お支払い・送料について特定商取引に関する表記運営会社案内スタッフの活動日記プライバシーポリシーリンク
(c)2009-2015 Kita-Gourmet All Rights Reserved.
↑画面上へ