北海道の本物を取材・紹介・お届けする通信販売サイト 作る方の気持ちを誠実に伝えたい お客様の喜ぶ「食」を届けたい 北海道の美味しさを皆さまにお伝えします。 「良い品を、より良い形でお客様へ」北海道の生産者と、全国の消費者の皆さまを、より身近な関係にするためのお手伝いをすること。それが「きたグルメ」です。 北海道でも、未だ知られていない名産品・こだわりの食材・旬の食材を探し求め、「北海道の食」に興味のある皆さまに向け「きたグルメ」は発信・提供して行きます。

北海道の本物を伝えたい。生産者の方が、こだわり大切に作った商品を少しだけ分けていただき、みなさんにお伝えしたい。それが「きたグルメ」です。生産者の方の声と共に、まごころ込めてお届けいたします。

「きたグルメ」関連, 店長より

2010 年 1 月 13 日

新年のご挨拶 茂勝さん

こんにちは「きたグルメ」店長です

厚岸に続いて日本最東端の街「根室の茂勝」さんの所へ

約束の時間まで少し空きがあるので、納沙布岬まで足を伸ばしました。

納沙布岬

※納沙布岬で記念撮影

納沙布岬から遥か東側の北方領土や千島列島等で「本ちゃん紅」「時しらず」等の鮭の漁が行われます。

 

この季節は本当に寒いです、何枚も重ね着をしているので少々着膨れしています・・・笑

この後、根室港のすぐ近くの茂勝さんの所に戻り、新年のご挨拶を・・・

茂勝の日沼社長

※おぼろづきを手にする茂勝さん

店内でも根室の新鮮な魚が沢山並んでいます、お邪魔したのは午後からなので、かなり売れていましたけど・・

茂勝店内

※きたグルメで紹介していない鮮魚も沢山

この後、お店の上にある、食事が出来る場所に案内してもらい、

初めて尋ねた副店長はあまりの広さに吃驚していました。

茂勝2階

※2階の食事スペースは大漁旗で飾られています

こちらのスペースは普段は使用していないのですが、

団体で根室の魚を食べに来た人達には、こちらで魚料理が振舞われます。

茂勝2階

「きたグルメでも旅行ツアー組みましょう♪」と急にテンションが高くなっている、副店長を尻目に今後の商品の打ち合わせを・・・・・

ツアーの話にまんざらでも無い表情の茂勝さんの顔が気になりますが・・笑

 時しらず

 ※札幌に戻ってから、捌いて試食会を実施します

今後、紹介予定の「時しらず」をお土産に頂いて、根室を後にしました。

 

沈む夕日

※本当に綺麗な夕日です

西の空に沈む夕日に向かって西へ、そして北に上り知床斜里に向かいます。

 

茂勝さん、今年も根室の美味しい魚を伝えて行きましょう、

今年も宜しくお願い致します。

 

根室の鮭の紹介はこちら↓

http://www.kita-g.jp/shopping/a0032/

「本ちゃん紅」は残り数が少なくなってきています、興味のある方はお早めに!

 

「きたグルメ」に戻る

タグ: , , , ,

コメントは受け付けていません。

HOMEきたグルメとは取材・キッチン活動販売商品一覧お問い合せコミュニティの場
ショッピング利用方法お支払い・送料について特定商取引に関する表記運営会社案内スタッフの活動日記プライバシーポリシーリンク
(c)2009-2015 Kita-Gourmet All Rights Reserved.
↑画面上へ