北海道の本物を取材・紹介・お届けする通信販売サイト 作る方の気持ちを誠実に伝えたい お客様の喜ぶ「食」を届けたい 北海道の美味しさを皆さまにお伝えします。 「良い品を、より良い形でお客様へ」北海道の生産者と、全国の消費者の皆さまを、より身近な関係にするためのお手伝いをすること。それが「きたグルメ」です。 北海道でも、未だ知られていない名産品・こだわりの食材・旬の食材を探し求め、「北海道の食」に興味のある皆さまに向け「きたグルメ」は発信・提供して行きます。

北海道の本物を伝えたい。生産者の方が、こだわり大切に作った商品を少しだけ分けていただき、みなさんにお伝えしたい。それが「きたグルメ」です。生産者の方の声と共に、まごころ込めてお届けいたします。

HOME > 北の郷そば工房

スタッフの活動日記

「きたグルメ」運営の裏話、スタッフが大好きなグルメの話、北海道の紹介などをお届けしていきます。

‘北の郷そば工房’ タグのついている投稿

家食と料理レシピ, 店長より

2010 年 11 月 18 日

そば・うどんを打ちました。

こんにちはきたグルメ店長です。

 

土曜日の夜にそば、日曜日の昼にうどんと2日連続の手打ちです。

うどんは比較的簡単に打てますが、そば打ちはやっぱり難しいですね。

 

今回の十割そばに挑戦したので、特に難しかったですが、

それでも今年3回目のそば打ちですので、少しコツを覚えてきました。

手打ち蕎麦

のし棒で薄く均等にそばを伸していく作業、

この時、十割なので端が少しボソボソな状態^^

手打ち蕎麦

少し平べったいそばになりましたが、それなりに満足です。

ざる・かけ両方で食べました、完全な十割田舎蕎麦でした。

ざるそば

かけそば

 

それにくらべ、うどん打ちは比較的簡単、

錬る時、伸す時は力が必要ですが、

そばほど神経質にならなくても、きちんと形になっていきます。

うどん打ち

 

うどん打ち

 

うどんざる・温かしわで食べました。

手打ちうどん

自分で打った、そば・うどんなので美味しく感じます。

今年は麺打ち、我家で流行っています、

今年の年越し蕎麦手打ちで決まりかな^^

家食と料理レシピ, 店長より

2010 年 10 月 22 日

蕎麦打ち体験 店長編

こんにちはきたグルメ店長です。

 

先日、きたグルメ・スタッフGが体験した蕎麦打ちを同じ場所で体験してきました。

 「北の郷 そば工房」 札幌手打ちそば 愛好会札幌事務局

〒003-0832 北海道札幌市白石区北郷2条6丁目8番8号

TEL・FAX 011-871-2961
http://kitanosato.jp/index.html

北の郷 そば工房

 

毎年、同友会の青年部未知の会で作る料理同好会でお邪魔します。

 ※同友会とは自分が所属する北海道中小企業家同友会の事

先にスタッフGが蕎麦打ち体験をしているので、

心の中で「スタッフGには負けられない」と気持ちを震い立てての挑戦です^^

4回目の蕎麦打ち・元調理師・店長のプライド?などで

失敗できない状態に自分で追い込んでします。

きたグルメの前掛けをして、頭にタオルを巻いて気合い十分で臨みました。

きたグルメ店長

 

最初に蕎麦粉と水を数回に分けて混ぜ合わせ、

その後に力を込めて練り込んでいき、丸く仕上げます。

 手打ち蕎麦

 

伸し作業の様子、伸し棒で伸す前に、このように手伸しをします。

この後、伸し棒を使い、均等に伸ばしていきますが、この工程が結構難儀!

蕎麦打ち

 

伸し作業も無事に終わり最後の工程の蕎麦切りです。

蕎麦包丁は中華包丁のような大きなナタのような包丁です、

この大きな包丁の重みを利用して、蕎麦を均等に切っていきます。

蕎麦打ち

 

何とか均等に綺麗に蕎麦切りが出来ました^^

少し小麦粉を振りすぎた感じもしますが、合格点と自分に言い聞かせます。

手打ち蕎麦

 

横ではきたグルメに綺麗なお花を提供してくれている、

札幌10区ミルフルールの川田さんが蕎麦打ちしています、流石、女性綺麗な作業が見事です^^

f1000012

 

切った時は均等に切れていると思っても茹でて見るとバラバラな太さが解ります^^

それでも自分で打った蕎麦は美味しく感じます。

手打ち蕎麦

 

今年も無事に蕎麦打ち体験ができました、

何度、経験しても蕎麦打ちは楽しい作業です、大人の趣味として人気があるのもうなずけます。

 

「北の郷 そば工房」さん、

今年はスタッフ共々お世話になりました、来年もまた宜しくお願い致します。

スタッフGの蕎麦打ち体験の記事へ↓

http://www.kita-g.jp/staffblog/?p=9132

店長の去年の蕎麦打ちの様子は↓

http://www.kita-g.jp/staffblog/?p=3405

詳しい蕎麦打ち体験の様子は店長ブログへ↓

http://blog.goo.ne.jp/ezo-men/e/66ddee015d284a35c5ae3509d59d97b4

家食と料理レシピ, 店長より

2009 年 12 月 13 日

蕎麦打ち体験

こんにちは「きたグルメ」店長です

少し前の話ですが「蕎麦打ち体験」をして来ました。

仲間内で作る料理同好会の例会で、

札幌手打ちそば愛好会の「北の郷そば工房」さんで体験をさせて頂いています。

北の郷 そば工房さん

北海道の特産品でもある、蕎麦を打つ事は

「きたグルメ」店長としては大切な事だと思っています・・・笑

説明を聞く仲間達

一通り説明を聞いてから、各自蕎麦打ち開始!

こちらでは二八蕎麦を基本として教えてくれます、練り込み作業の後、蕎麦切りに挑戦、

元調理師の自分としては包丁使いだけは、みんなに負けたくありません・・笑

蕎麦切り中

 包丁使いが慣れているとはいえ、蕎麦切りは均一に切るのが結構難しい工程です。

蕎麦切り

よく見ると太さが微妙に違います、本当に難しい作業でした。

それでも何とか作業を終了して、自分の打った蕎麦はお土産に持って帰り

家族に振舞って「美味しい」の声が聞こえたので一安心です。

 

蕎麦打ち体験後、講師の先生が打ったお蕎麦を頂きました。

試食1

当たり前なのですが、綺麗に太さが整っています、

打ちたての新蕎麦は香りが良くて、喉越も良く、とても美味しかったです。

試食2

 

楽しい経験をさせて頂きました、

「北の郷そば工房」さん、毎年ご指導ありがとうございます。

 

「北の郷そば工房」のHPはこちら↓

 http://kitanosato.jp/index.html

 

 

「きたグルメ」に戻る

HOMEきたグルメとは取材・キッチン活動販売商品一覧お問い合せコミュニティの場
ショッピング利用方法お支払い・送料について特定商取引に関する表記運営会社案内スタッフの活動日記プライバシーポリシーリンク
(c)2009-2015 Kita-Gourmet All Rights Reserved.
↑画面上へ